静岡徳洲会病院総合診療専門研修プログラムについて

平成30年度より開始される新しい専門医制度に対応した「総合診療科プログラム」の運用を開始します。

わが国の医療はこれまで各診療科の専門家による疾病中心の医療といわゆるかかりつけ医として患者中心で提供する医療により支えられてきましたが、これまではかかりつけ医として患者及びその家族を支える医師は、専門性をもつ専門家としては認められてきませんでした。

しかしながらこれからは専門性と費用対効果及び効率化が求められるのは少子高齢化が進む中、財政が限られた我が国では当然のことと考えます。そんな状況の中で総合診療科はこれからの我が国の医療を支える重要な基本診療科になると考えています。

各診療科の専門家と協力しつつ疾患の治療、予防から介護の問題まで患者さんの抱える様々な健康問題を扱う総合診療科は地域の要たる診療科です。総合診療科の扱う健康問題は医師だけで解決できない多くの要素が絡んでおり、地域の医療資源を利用しつつ他職種の協力を得ながら患者さんとともに地域で歩んでいく事になり、それこそが総合診療科の專門性と考えます。静岡徳洲会病院はこの地域の貢献するために存在しています。そして当院の総合診療科はこの地域の健康に貢献するかかりつけとしての総合診療科医師の育成を目指しています。